いじることが有効

異性と出会い、その後にあなたが求めている目的を果たすためには、ポイントを押さえたコミュニケーションを取っていく必要があります。
そのコミュニケーションのポイントというのは、異性をいじるというコミュニケーションになります。
ここでは出会いを成就させるいじりコミュニケーションについて紹介していきましょう。

嫌われるのではないか

いじりというと、相手からは嫌われてしまうのではないかと思われがちです。
しかしながら、基本的に嫌われることはありません。
いじられている女性を見たことはみなさんあると思いますが、「ひどーい」とか「もう嫌い」なんて言いながらも、表情は楽しそうでニコニコと笑っていることが多くないですか?
そうなんです。
基本的に女性はM気質な方が多いですから、ちょっとくらいひどいことをされても、それは構ってもらっているという喜びに感じることが多いのです。
一方で男性はプライドの塊のような生き物であり、人間関係を縦割りに考えることが多いですから、いじられると馬鹿にされているとか、下に見られているといった感情を抱き、怒り始めることが多いのです。

女性は天邪鬼である

女性というのは得てして天邪鬼な生き物です。
これは女性という性から来る特徴と言ってもいいでしょう。
やめてと言いながらも本音はもっと構ってと思っている。
逆に嬉しいと言っている時には、心の中ではちっとも嬉しくないと思っていることが多いのです。
男性のように素直に思っていることを口にしてしまうと、余計な敵を作ってしまうことになる。
基本的に集団の中で生きることが本能的に備わっている女性は、本音をなかなか晒さないものなのです。

指摘してはいけないもの

女性が喜ぶからといって、いじれば何でもいいというものではありません。
いじってしまうと、男性のように不快感しか感じないジャンルもあるのです。
それは、明らかな悪口として受け取れること。
他にも、肉体的などう改善のしようもないコンプレックスを指摘すること。
更に、明らかに気にしていることをいじることですから注意しましょう。
出会いサイト おすすめ